スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クライマーの天職

2010_01_30_01
一昨年、薪ストーブを購入して頂いたお宅から電話。
ウチの薪ストーブが詰まってるみたいなので すぐに見て頂戴!

えぇ!?
去年の10月に掃除したばかりなのに何でだろ?

2010_01_30_03
ご主人曰く、煙突の継ぎ目から煙とヤニのような液体が流れてきたという。
屋根に登って確認すると、確かにトップがあり得ないほど目詰まりしてヤニが垂れてる。
とりあえずもう一度掃除してみることにした。

2010_01_30_02
まずは室内で煙突とストーブの接続部を外し、下に大きいビニール袋を取り付け

2010_01_30_04
もう一度屋根に登ってエントツのトップを外し、専用のブラシでゴシゴシ

2010_01_30_05
掃除してから2ケ月しか経ってないのに前回と同じくらい煤が溜まってる。
薪はリンゴとかカキを使ってたそうだが、この感じだと乾燥が足りなかったみたいだな。

2010_01_30_07
これがエントツのトップ

2010_01_30_06
そして中にあるこの網が一番のキモ ・・・ これが詰まると全てが機能しなくなります。

2010_01_30_08
こんな塊が詰まってました
ご主人にどのように薪を乾燥させていたのか聞くと、薪を割ってそのまま全面囲いの薪小屋に入れていたと言う。
それって、通期の良い屋外で乾燥させた後に薪をストックしておく場所なんですけど (汗)

とりあえず今回は無料、その代わり来シーズンから料金を少しアップさせていただき、シーズン通してのメンテナンス契約をする事になりました。
僕の料金の設定は各家庭ごとに作業の安全性・内容を考慮して決めるのでそれぞれですが、他の業者と比べると格段に安いです。 なぜなら、僕はロッククライマーだから。

2010_01_30_09
黒の薪ストーブに白のレンガ、とてもカッコイイですね。
どっちも当社が施工しました。 自画自賛♪


ホームページはこちら → HP
にほんブログ村 住まいブログ リフォームへ
人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。