スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポリシーですから

ある店舗のシャッターが開かなくなったので見て欲しいと依頼があった。
かなり古いシャッターなので念のためメーカーを呼んで一緒に見てもらう事にしたんだが
メーカーの営業マンはチラッと一目見ただけで

これは交換しかないですね!

バカヤロー。
年式から言っても、そんな事は俺だって分かってるんだよ!
ただ、具体的にどこが悪くてどういう理由で交換しなければならないのか、ハッキリと説明しなきゃ、お客さんに失礼だろうよ?
狭い天井裏に潜って原因をこの目で確認して、それから結論を言え!
的なメッセージをアイコンタクトで送るが、一向に感知しないメーカーの営業マン。
そんなに汚れるのが嫌なのか ・・・ かと言って、このままではウチのポリシーに反する。



2011_01_13

そんな訳で ↑ です。
シャッターBOX内の高さは約60cm。
天井を踏み貫いてしまわないよう、下地のある場所へ慎重に体重移動しながらの匍匐前進。
しかも、そこらじゅうに釘が出てるので危険です。


原因はシャッターのシャフトを支える受け金物の破損。
部分補修では対応し切れない個所なので、やはり交換しかないと分かった。
埃だらけになって天井裏から降りてくると、涼しい顔した営業マンが

じゃ、あとで見積書を FAX しますね! だって!!

くそぅ、なんか悔しい ・・・ でも、この方がお互い気分が良いよね?



   

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

No title

卍先生が正しいよ。だただたそれだけ。

応援しております。がんばってくださいませ!!

No title

>勘ちゃん
あざーす!
僕も応援する。
ともに頑張ろう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。