スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年度末の手摺り屋さん

このところ公共工事関係でバタバタとしておりましたが、だいたい格好がついてきました。

2010_03_16_02
駅のトイレの手すり

2010_03_16_03
これも駅、外部スロープの手すり
アール曲線の加工が難しかった。

2010_03_16_05
NPO法人 ひろせ工房のスロープ及び手すり工事

2010_03_16_06
中央公民館の手すり

手摺りばっかりやん! って、ホントそうなんです。
今月はまさに 手摺り祭り でした。
今の公共物件には手摺りが必ず付き物なんですね。

それにしてもなんだけどね。
手摺り工事を始めとして、この街がどんどんお年寄り向けに作り変えられています。
少子高齢化だから仕方ないのだけど、ギリギリ若者の僕としては寂しいです。

行政として高齢化社会に対応する事はもちろん必要。
しかし、あまりにも若者のモチベーションが下がるような雰囲気と古い制度が多すぎて、皆 未来に期待が持てなくなってるんだよね。 ハッキリ言って。
まぁ、人口が減るのは爆発的に増えたのが戻る現象で仕方ないとして、その上でどう発展させるか ・・・ これが全然見えて来ない。 たぶん僕が思うに、従来型の発展ビジョンを夢見ていたのではダメなんだと思う。

所詮、都会と同じにはなれないという現実。
それを前提に置いた上で、自立的発展をして行く為に 新たなビジョンを掲げましょう!
そうすれば、若者が出て行く事はなくなるどころか、逆にやる気のある若者がどんどん入ってくるだろう。
口で言うのは簡単だと批判されるかもしれないが、今現在 この町では誰も口にすら出していないみたいなので、あえて一番先に言ってみた。

2010_03_16_04
梁川駅のインターロッキングとベンチ設置工事
お年寄りの憩いの場だろうか ・・・ 。
僕としては、電車を待つ高校生カップルにイチャイチャして欲しいな w


↓ こっちも更新しました。
卑しい系アウトドアマンの待避所


   
にほんブログ村 住まいブログ リフォームへ
人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。