フキとフキノトウは同じ植物です。

2010_01_28_02

現場近くの斜面にフキノトウを見つけた。
山菜といえば世間的にはタラノメが一番人気だけど、僕はこのフキノトウが一番好き。
あの深みのある苦味によって一足早く春の訪れを感じられる、実に風流な食材なのですよ。

フキノトウとフキは同じ植物だが、発生する時期が違う為に別物だと信じている人が多い。
標高の高い山の中では同時に発生する事もあるが、一般的には早春にフキノトウが出て花が咲き、花は次第に綿毛をつけた種を飛ばす。それが一段落した後に葉っぱであるフキが地上に現れるというサイクルである。ちなみにフキの本体である地下茎は有毒だから食べちゃダメ。

明日はお休みなので 近くの山に採りに行ってみようと思う。

今日のイチオシ↓
2010_01_30_11

OLFAのクラフトナイフ
キノコやフキノトウを綺麗に刈り取ることが出来ます。
オールステンレス製なので土や水がついても錆びません。
この前は山でカップラーメンを食べる時に箸を忘れたので、これで木の枝を削って箸を作ったよ。

2010_01_30_10

角庄の店頭価格は¥440円 (カラビナ別) なり
そのうちネットショップを開く予定なので、開設したら買って下さい。


ホームページはこちら → HP
にほんブログ村 住まいブログ リフォームへ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。